チェルエイジング しわ おでこ 眉間 コラム

おでこや眉間のしわ、原因は何?治療法と美容外科をご紹介!

おでこや眉間にしわがありませんか?何気なく鏡をのぞいた時に気になるしわができていた場合には、まず原因を知ることが大事です。治療法としては、美容外科でしわ取りの治療を受けるという選択もあります。現在主流になっている美容外科でのおでこや眉間のシワ取りをご紹介していきます。

おでこのしわが目立ってきた…その原因は?

チェルエイジング おでこ しわ

おでこのしわは加齢が原因で、おでこのしわは顔のたるみが始まっている証拠という意見もあります。確かに、頭皮がたるんで顔のたるみが始まった時に、おでこのしわは目立ち始めます。頭皮がたるむということは重力に負けているというサイン。頭皮が緩むことによって、おでこには横しわ、眉間には縦じわが入るようになります。おでこ周りのしわは、気になり出した時点ではすでに増えている場合がほとんどです。手持ちの化粧品などで慌ててケアをしても、改善が見られることはありません。おでこの深いしわについては、少しでも早めに専門医に相談をすることが賢明です。

眉間しわについて

眉間のしわは、普段の表情の癖が原因でできてしまいます。常に鏡を見ているとわかるのですが、ついつい眉間に力を入れしわを作ってしまう癖がついていませんか?無意識のうちにやってしまうことですが、どうしても眉間のしわは女性を老けて見せてしまいます。素顔が老けた感じになっていると、メイクをどれだけ頑張っても、美しい顔には程遠くなってしまうのです。

おでこのしわについて

おでこのしわも、眉間と同様に表情の癖でできてしまいます。前髪を下ろしている人よりも、おでこに紫外線を浴びる人の方が多く発生します。眉間のしわに気を付けていれば、おでこのしわの改善にもつながるので、まずは眉間にしわを入れないように意識をしてみましょう。さらに、おでこに化粧水や美容液をつける習慣をつけると尚良いです。1日1回は鏡を見て自分の表情癖を把握し、自分の顔を知ること大事です。日々行うケアの中で目元のしわと同じくらい、眉間やおでこのしわも気に掛けましょう。年齢相応のケアを怠らないようにすることが大事です。

おでこのしわの治療法をいくつかご紹介!

おでこや眉間のしわは放置すると着々と進行し、徐々に皮膚の奥深くまでしわが刻まれてしまいます。
まだしわが浅い間に治療を受けた方が良いですが、美容外科での治療についてと、自分でできる方法の両方を挙げておきますので、参考にしてみてください。

自分でできるおでこのしわ改善法

チェルエイジング おでこ しわ

自宅でのおでこのしわ対策としては、

・おでこや眉間に乾燥状態をできるだけ避ける
・普段の表情の癖をつかんでおき、表情筋を鍛える
・紫外線を過剰に浴びないようにする
・何か作業をする際に下を向く時間を減らす

以上のことをまずは実践してみてください。そうすることで、おでこのしわや眉間のしわの増加を防ぐことができます。特におでこのしわは、女性の老け顔を作ってしまうからです。おでこは特に、保湿を徹底してください。
また、クレンジングの際についつい力を入れすぎてしまうことは誰しもよくあることですが、洗顔クレンジングは自然由来のものを使い、擦らないように心がけましょう。

美容外科クリニックで行う、おでこのしわ治療について

チェルエイジング おでこ しわ

おでこのしわの治療法は目元のしわなどの治療とは違うので、一般的なおでこのシワ治療法をご紹介していきます。

ヒアルロン酸注射

額に注入するヒアルロン酸は、他のシワ取りに使用されるものとは違い、硬めのヒアルロン酸が使用されます。
ヒアルロン酸を注入することによって、額に膨らみやハリが与えられて額のしわを目立ちにくくします。
施術時間は約10分程度と短く、当日に注入することも可能です。
元々ヒアルロン酸は人間の体内に存在する成分なので、アレルギー反応などは起こりません。
ただし、それによって約半年~1年の間に体内に吸収され、効果が薄れてしまうという欠点があります。
そのため、効果を持続させるためには定期的に治療を受ける必要があります。

ボトックス注射

ボトックス注射では、ボツリヌス菌が作るたんぱく質を薬として使用できるように、加工したものを注入します。これをおでこに打つことによって、筋肉の働きを抑え込みます。筋肉の神経を麻痺させて、硬くなった筋肉を柔らかくすることで、しわを作りづらい環境にすることが出来るのです。
またボトックス注射に麻酔は必要ありません。時間的には5分程度で施術は終了します。
そのあと、すぐに化粧をして自宅に帰ることができるのでとても自由度の高い施術で、ダウンタイムがないという気軽さも嬉しいポイントではないでしょうか。

効果としては3日程度で効果がはっきりとわかるようになり、2週間程度過ぎると安定してきます。

レーザー治療

医療機関で使用されるレーザーは皮膚を傷つけることなく、肌の真皮の層にまで光を届けます。そしてコラーゲンが減少している部分に到達して、細胞を修復するという作用があります。そうすることで、おでこにもハリが戻ってくるため、しわが目立ちにくくなります。
施術時間は10分程度で、ダウンタイムや腫れもほとんどありません
レーザーが怖いという方もいらっしゃるかもしれませんが、照射中は温かく感じる程度で痛みはありませんので、安心してご利用いただける施術かと思います。

しわ取りができる皮膚科&美容外科

チェルエイジング おでこ しわ

品川美容外科

品川美容外科は、昭和63年に開院した老舗の美容外科クリニックです。品川美容外科のしわ治療は、幅広く対応してくれるのが特徴で、ボトックス注射を使った施術が主流です。眉間の場合は初回1000円以内で試すことができ、目の下の場合でも4000円以内と低価格で治療をしてくれます。

まずは初回の施術で、どの程度の改善が見られるのかを確かめてみてはいかがでしょうか。

【まとめ】おでこのしわを治療する方法は?

チェルエイジング おでこ しわ

おでこのしわを治療する方法は、美容外科クリニックで受診することが最適です。それ以外の方法でしわを改善することは、なかなか難しいのが現状です。現在、美容外科でおこなれてているしわ取りの施術は、以下の3つがメインのようです。

・ヒアルロン酸注射
・ボトックス注射
・レーザー治療

まずは、日帰りで気軽に施術を受けられる、注射やレーザーという施術を検討してみてはいかがでしょうか。効果は主に数ケ月程度で、繰り返し注射を打つ必要がある場合があり、レーザー治療も効果の持続には個人差があります。
また、以上の施術でも効果が得られなかった場合は、切開法などを検討することになるでしょう。
どの施術方法を選択するにしても、カウンセリングを受けることはより良い結果につなげることとして必須なので、不明な点や悩みなどはすべて医師に相談することが大切です。

人気の記事ランキング

RANKING

人気記事は見つかりませんでした。