チェルエイジング しわ 化粧品 pickup

シワは美容液やクリームなどの化粧品で改善できるの?

最近、シワ改善効果が認められた医薬部外品の美容クリームが増えていますよね。利用者の多くは、化粧品で改善できると期待を寄せている方も多いようですが、実際のところはどうなのでしょうか?美容整形などに足を運ばなくても、美容液やクリームである程度改善されるなら嬉しいですよね。今回は、市販の化粧品でシワの改善ができるのかについて解説していきます。

市販化粧品の「シワ取り効果」は本当?

チェルエイジング シワ取り 化粧品 効果

大手の化粧品会社が、エイジングケア目的の化粧品を販売しているのをよく目にしますが、多くの女性の悩みである「シワ取り効果」については、化粧品で完全に消すことは不可能です。
残念ながら、これは科学的な検証でもはっきりとわかっていることです。

顔にシワができてしまう原因には、肌の奥深い部分にコラーゲンエラスチンという成分が少なくなってしまうということが挙げられます。これによって肌は徐々に弾力を失い、やがてシワを作ってしまうのです。

化粧品の中に含まれているコラーゲンやヒアルロン酸が届くのは、肌の表面部分のみで、肌の深部にまでは行き届かないのが現状です。

確かに、表皮部分にコラーゲンやヒアルロン酸が届くことで、乾燥を防ぎシワができにくい環境を作ることはできますが、完全にシワを取るということは物理的に困難です。本当にシワを根本から無くしたいと考える場合には、自分自身の肌の奥にコラーゲンを生成する必要があるのです。

地道にできることを行ってみる

まずは、化粧品だけでシワを完全に除去することは困難であることをお伝えしましたが、美容整形外科で相談を受ける前に日常的な生活についても見直してみませんか?肌のコラーゲンを減らしてしまう生活をしているかもしれません。

また、人の肌は三段構造になっています。表皮・真皮・皮下組織に分かれており、コラーゲンを最も保っているされている部分が真皮です。この部分の新陳代謝が落ちてしまうと深刻なシワを作る原因にもなるのです。化粧品を使ってシワ対策を行うのと同時に、次のことも試してみましょう。

例えば、コラーゲンを自然と増やす食事を心がけることです。鶏肉豚肉大豆商品などを意識的に摂取するだけで、コラーゲンの生成に良い作用をもたらしてくれます。また、運動用のプロテインを利用するという方法もあります。

日常的にシワ対策を行うには、化粧品だけに頼らずに自分でできる食生活の改善などにも力を入れてみるのも一つの手段です。

どんな成分がシワに効くの?

チェルエイジング シワ取り 化粧品 成分

シワ改善クリームやシワ改善美容液は、シワ予防のコスメとして市販されています。
シワの除去が不可能とはいえ、なるべくシワの改善につながる成分が配合された化粧品を選びたいですよね。

シワを目立たなくする成分としては、以下が挙げられます。

セラミド
ヒアルロン酸
コラーゲン
プラセンタ
レチノール

その他にも、市販の美容液などにはビタミンC誘導体が配合されているものがあります。少しでも肌の衰えに気づいたら、早めに美容成分がしっかりと含有されている化粧品類でカバーすることから始めましょう。

深く刻まれたシワの場合には、化粧品だけでの改善は困難です。
あくまでも「目立ちにくくする」程度だと認識しておきましょう。

シワの種類を知っておくことが肝心

いわゆる、ちりめんジワと呼ばれる浅くて細かいシワ対策としては、化粧品を使うことで多少の改善は見られます。反対に、改善が難しいのが深いシワです。シワは深くなるにつれて、コラーゲンが破壊されている状態になります。
手の施しようのないシワに対しては、自分で化粧品を組み合わせて考えるより、美容外科クリニックでシワ改善の施術を受けた方が良いでしょう。まずは、カウンセリングで専門のカウンセラーにアドバイスをもらう方が断然、シワの改善につながります。検討してみてはいかがでしょうか?

シワ取りの治療には他にどんな方法がある?

チェルエイジング シワ取り 治療

自宅でできる化粧品を使ってのお手入れにも限界があります。深く刻まれてしまったシワや、目立つ小ジワに対しては美容外科での治療もひとつの手段です。ご参考程度に施術方法を軽くご紹介いたします。

注射によるリフトアップ

ヒアルロン酸やボトックスなどの美容成分を注入するとことで皮膚を内側から持ち上げ、しわを目立ちにくくする方法です。
ダウンタイムもほとんどなく、施術は5~10分程度で完了します。

痛みや腫れなどに不安を持つ人初めての人に向いている手軽な施術方法です。

糸を用いたリフトアップ

特殊な医療用の糸を使用して、肌を引き上げてハリとツヤを戻す方法です。
糸は体内に吸収されるので糸が残る心配や抜糸は不要です。

傷跡は頭髪内の目立たない位置に出来るので、バレたくない人大規模な手術は避けたいという人に向いている施術方法です。

レーザー治療

皮膚の奥にレーザーを照射し、肌を刺激することでコラーゲンを生成する方法です。
施術時間は60分程度かかりますが、ダウンタイムはありません。

忙しい人エステ感覚で改善したいという人に向いている施術方法です。

切開手術

皮膚を引き上げる方法骨膜の下側を剥離して引き上げる方法の2種類があります。
費用はかかりますが、他の施術方法と比較しても完成度がとても高いのが特徴です。

【まとめ】シワは化粧品で治せる?

チェルエイジング シワ取り 治療

結論から申し上げますと、シワを化粧品で完全に除去することはできません
ある程度であれば、シワに効果的な成分が含まれた美容液などを使って、あくまでも化粧品でできることは予防することと、目立ちにくくすることです。

・摩擦を起こさない
・食生活に気を付ける
・紫外線をなるべく浴びない
・質のいい睡眠を取ること

自分でできるシワ対策としては、以上のようなことが挙げられます。
出来る限りこれらのことに気を配りながら、シワ対策を早いうちに行っていくと良いでしょう。

また、美容外科で行っているシワを除去するための施術としては、以下のような方法があります。

・ヒアルロン酸注入
・糸を用いたリフトアップ
・レーザー治療
・切開手術   

すべての人が、どの施術にも適しているわけではありません。
施術についてもっと詳しく知りたい方は、以下の記事を参考にしてみてください。

シワ取り治療には何がある?美容外科でできるリフトアップ整形とその効果について
市販のコスメ商品って試したくなりますよね。しかし、確実なシワ取り方法は美容外科で受診することです。今回は、美容外科で行われているシワ取りの施術方法について情報をまとめてみました。初めての方も安心してシワ取り治療をご検討していただけるように、わかりやすく説明をしていきます。

一度できたシワを消すことはなかなか厳しいものですが、些細なことがシワを改善できるきっかけにもなります。意識を少し変えるだけでも状態は改善されるので、まずは生活を見直すことを心がけていきましょう。

人気の記事ランキング

RANKING

人気記事は見つかりませんでした。