チェルエイジング シワ取り レーザー コラム

リフトアップレーザー治療の種類や効果は?シワとたるみへの効果と副作用について

リフトアップの方法は様々なものがありますが、中でも人気なのがレーザーによる施術です。 肌を切開せずに施術ができるのが大きな特長です。 では、リフトアップレーザーにはどのような効果が期待できるのでしょうか。 目次 リフトア […]

リフトアップの方法は様々なものがありますが、中でも人気なのがレーザーによる施術です。

肌を切開せずに施術ができるのが大きな特長です。
では、リフトアップレーザーにはどのような効果が期待できるのでしょうか。

リフトアップレーザーにはどんな効果がある?

チェルエイジング しわ取り シワ取り レーザー

たるみの改善

リフトアップレーザーは、たるみの改善に役立ちます

レーザーによる熱を照射することで肌の細胞を刺激して新陳代謝を促すことができるので、肌に溜まりがちな古い角質を効率的に排出することができます。

角質がたまると毛穴が開きたるんでしまうので、肌を引き締めることはたるみの改善に有効なのです。

また、肌に角質が溜まるとニキビなどの原因にもなり得るので、気を付けなければなりません。
すっきりと汚れや角質を落とすことができれば、若々しい素肌を維持することが可能です。

リフトアップレーザーが肌の真皮にあるコラーゲンを焼くことで、コラーゲンなどを生成する線維芽細胞(せんいがさいぼう)が刺激され、コラーゲンやエラスチンなどの肌の弾力を保つための成分が生成されます。

これによってさらにハリのある素肌に導くことができるのです。

小じわを薄くする

リフトアップレーザーには、たるみだけでなくしわを改善する効果も期待できます。

リフトアップレーザーによって肌の代謝が高まると、毛穴が引き締まって肌のキメが整うため、毛穴が目立ちにくくなります。

また、既述のようにレーザーを照射するとコラーゲンなどの弾力成分の生成が進むので、これによってしわが改善される場合があります。

目や口周りの小じわで悩んでいるという人は、コラーゲンなどの潤い成分を増やすことにより、しわが目立たなくなり今よりも若々しい印象になるでしょう。

赤ら顔の改善

赤ら顔に悩んでいるという人もいるでしょう。顔が赤いとそれだけで「人に変に思われるかも」と恥ずかしくなってしまいます。

しかし、自分ではどうしようもないことが多く、なかなか改善できずに悩みを抱えている人も多いです。

赤ら顔はニキビによる炎症や肌への刺激によって毛細血管が拡張するために起こるものです。
つまり、赤ら顔を改善するためには、毛細血管を収縮させて引き締めることが大切なのです。

レーザーを照射することで肌の代謝が高まると、角質が排出されて肌の代謝が良くなるので肌が引き締まります。その結果、血管の拡張も治まって赤ら顔が改善される場合もあるのです。

セルフケアを行ってもなかなか改善されないという場合には、レーザー施術を検討してみるといいでしょう。

リフトアップ効果が期待できるレーザーの種類は?

チェルエイジング しわ取り シワ取り レーザー

リフトアップのためのレーザーにはいくつか種類があります。

それぞれ特徴やメリットなどが少しずつ異なるので、まずはどんなものがあるのかということをチェックしておきましょう。

クリニックによって扱っているレーザーも異なるので、クリニック選びの参考にもしてみてください。

ウルトラリフト・ダブルHIFU(ハイフ)

これは、1回の施術でも効果が出やすいのが大きな魅力です。
皮膚の根本にある筋膜という部分を熱で収縮させることで、肌を引き上げることができます。

そのため、たるみだけでなくしわの改善にも適しています。ハリもアップするので、ぐっと若々しい素肌に導くことができるのがポイントです。

サーマクール/サーマクールアイ

これらのレーザー機器は、照射することで皮膚を刺激し、コラーゲンの生成を促すことができます。
その結果、皮膚を縦からも横からも、そして奥までしっかりと引き締めることができます。

皮膚の深いところにも高周波を照射することができるので、より高いリフトアップ効果を得やすいのもメリットです。レーザー照射の際にはバイブレーションで皮膚を刺激し、冷却機能も備わっているので痛みを軽減しながらの施術が可能です。

「美容施術を検討しているけれど痛いのは苦手」という方に適しています。

スキンタイトニング

スキンタイトニングは、波長の長い赤外線と高周波を同時に皮膚に照射することができるレーザー機器です。

真皮まで届いて全体的に効率よく温めることができるため、バランス良くコラーゲン繊維を収縮させることができます。その結果、コラーゲンの生成が促されるので肌に弾力が戻ります

スキンタイトニングは痛みの少ない設計になっているので、施術による痛みに不安を抱えているという人でも挑戦しやすいのが魅力です。

サーマタイトニング

サーマタイトニングは、高周波を面上ではなく針状に照射することができるレーザー機器です。

針状に一点集中で照射することで、肌表面にかかるダメージを抑えることができ、深くまで照射することができるのでたるみが起こっている皮膚の深部まで働きかけることができます。

肌をぐっと引き締めることができるので、小顔効果も期待できるのが大きなポイントです。レーザー施術は素肌へのダメージが気になるという人に適しています

リフトアップレーザーの気になる副作用は?

チェルエイジング しわ取り シワ取り レーザー

リフトアップレーザーはたるみの改善に効果的なものではありますが、良い点ばかりというわけではありません。

デメリットとなるポイントもあるので、しっかり確認しておきましょう。あらかじめチェックしておけば、納得した上で施術に臨むことができます。

痛みが出る場合がある

レーザー機器による施術では、痛みが出る場合があるので気をつけましょう。

もちろん痛みの感じ方には個人差があるので、さほど痛みを感じずストレスなく施術を終えることができる人もいれば、そうでない人もいます。

痛みに弱いという人は耐えられずに心身の負担になってしまうことがあるので、先に医師に伝えておきましょう。

レーザー機器では痛みが出にくいように設計されているものも多いのですが、こればかりはクリニックが使用している機器によります。

また、施術中に痛みが出なかったとしても、レーザーを照射することで皮膚に少なからず負担がかかるので、術後に痛みが出る場合があります。

ただ、この痛みは数時間で落ち着くことがほとんどなので、様子を見て翌日以降も痛みが続く場合は施術を受けたクリニックに相談してみてください。

ダウンタイムがある

レーザー機器を使った施術は切開をするわけではないので、地肌のトラブルが起こりにくいと考えている人も多いでしょう。もちろん、ほとんどの場合はそうなのですが稀にトラブルが起こってしまう場合があります。

これは照射するレーザーの種類や施術を受ける人の肌質などによるので、どんな人にトラブルが起こるかということは一概には言えません。

肌質によってはダウンタイムが1週間ほど続く場合があるので、あらかじめ理解しておきましょう。

ただ、レーザー照射によるダウンタイムは程度が浅いので、メイクなどでカバーすることが可能です。

火傷や色素沈着の可能性がある

レーザーは熱で皮膚の弾性繊維などを焼くものなので、皮膚にやけどを起こしてしまう可能性があります。

ただ、火傷とは言ってもお湯をこぼしてしまった時などの重大なものではなく、皮がむける程度のものがほとんどです。

また、レーザー照射後の肌はデリケートになっているので、少しの刺激で色素沈着が起こる可能性があります。そのため、術後は極力肌が直接日に当たらないように工夫することが大切です。

もし色素沈着が起こってしまっても、3ヶ月ほどで自然に消える場合がほとんどです。

【まとめ】リフトアップレーザー治療とは?

チェルエイジング シワ取り レーザー

今回は、リフトアップレーザーの施術方法について紹介してきました。今回紹介したポイントを以下にまとめてみました。

・リフトアップレーザーは、たるみだけでなくしわなどの改善にも役立つ
・リフトアップ施術に使われるのレーザー機器には種類がある
・リフトアップ施術には、少なからず副作用が出る可能性がある

リフトアップ施術を受けて、若々しくピンとハリのある素肌を目指しましょう!

人気の記事ランキング

RANKING

人気記事は見つかりませんでした。