チェルエイジング リフトアップ 整形 コラム

リフトアップは整形なの?フェイスリフトの種類と治療できる場所は?

そろそろ肌の衰えに備えて、リフトアップの準備を始めたいと思っている女性は多いかと思います。ですが、そもそもリフトアップはどこで受けるのが正しいのでしょうか。今回は、リフトアップの種類やリフトアップはどこで受けるべきなのかなども解説していきます。

リフトアップって、そもそも何?

チェルエイジング フェイスリフト 整形

「リフトアップ」という言葉を聞いたことはあっても、実際にどのようなものなのかわからない、という方も多くいると思います。

リフトアップというのは、「顔を持ち上げる」ことを指します。クリニックの施術などを受けてたるみを緩和することで5〜10歳若く見えるので、顔のたるみに悩みを抱える人には嬉しい方法です。リフトアップは額や頬、目元や口元、首など様々な部分に行うことができるので、コンプレックスに感じている箇所があれば一度クリニックで相談してみるといいでしょう。

フェイスリフトには色々種類がある!

美容クリニックで施術を受ける場合、様々な種類のリフトアップ方法があります。施術を行う部位によっても適用される施術法が異なるので、まずは自分がどの部分にコンプレックスを持っているのかということをしっかり考えておきましょう。

額のリフトアップ

額がたるんでしまうとしわができやすくなり、眉や上まぶたも次第に垂れ下がって老けた印象になってしまいます。額のしわは実年齢よりもぐっと年上に見えてしまうので、悩む人が多いものです。

額のリフトアップをする場合は、生え際や頭髪の中にメスを入れて切開し、その部分の皮膚を切り取って縫合することで、たるみをとることができます。たるみの原因となる皮膚を切除することで皮膚が引っ張られるので、しっかりとたるみを緩和することができるのです。

頬のリフトアップ

頬はたるみが目立つ部分でもあります。頬が垂れ下がるとほうれい線などができやすくなり、一気に老けた印象になってしまいます。

頬のリフトアップをする場合にも、やはり髪の生え際の皮膚を切除する方法となります。ぐっと皮膚を引っ張りあげて縫合することで、皮膚をピンと張ってたるみを緩和することができます。頬骨あたりの皮膚が外側に引っ張られるので、ほうれい線もぐっと伸びてたるみやしわが目立たなくなり、若々しい印象を保つことができるのです。

首のリフトアップ

首も年齢が出やすい部分なので、気になるようでしたら施術を受けてみるといいでしょう。首に細かいシワが刻まれると、一気に老けた印象になるので、実年齢よりも上に見られやすくなります。意外に盲点な部分でもあるので、注意が必要です。

首の場合は、耳介の後ろ部分からうなじにかけての部分を切開して、皮膚を引っ張り上げることで肌のたるみを緩和させます。首に脂肪が多くてしわができやすいという場合には、首からあごにかけての脂肪吸引施術を併用すると、さらに効果的にリフトアップすることができます。

こめかみのリフトアップ

こめかみ部分も意外にたるみやすい部分なので、リフトアップの施術を受けると良いでしょう。こめかみ部分は額と同様に、髪の生え際や毛髪の中の皮膚を切除して縫合し、肌をぐっと引き上げます。

こめかみの施術を行う際には、他の部分よりも皮膚を切除する面積が少なく済むので、傷跡もさらに目立ちにくくなります。リフトアップの施術を受けたいけれど傷が残るのが気になるという場合には、このような部分的なリフトアップを受けるといいでしょう。

ミニリフト

ミニリフトというのは、頬のリフトよりも切開面積を少なくした施術方法です。頬のリフトアップでも基本的に目立たないところを切開するので、傷跡が残ることを心配する必要はそれほどありませんが、それでも人によっては気になるという方もいらっしゃいますよね。そういった方は頬のリフトではなく、ミニリフトを選択すると良いかと思います。

ミニリフトの場合は切開する部分が小さいため、メスを入れても腫れや内出血が起こることも少なく、ダウンタイムが少ないのがメリットです。
ただ、切開面積が小さいということは皮膚を引っ張り上げる度合いも少なくなるので、
たるみやシワが深いという人にはおすすめできません。小さなしわができている、というような場合にはこちらの方法で十分でしょう。

フェイスリフトのデメリットや考えられる副作用は?

フェイスリフトは効果的なリフトアップ施術法ではありますが、良いことばかりということではありません。体にメスを入れる外科手術なので、ある程度のデメリットや副作用のリスクがあることは念頭に置いておきましょう。

跡が残る

フェイスリフトは肌にメスを入れて皮膚を切除し、そこを縫合する一種の外科手術です。そのため、施術後に跡が残るのは避けられません。髪の生え際や髪の毛で隠れる部分など、切開する部分はなるべく目立たない場所ではありますが、跡が完全に消えるかというとそうでもありません

跡が目立つのが嫌だという場合には、ヒアルロン酸注入や糸リフトなど、切開しないでできる施術を受けられるクリニックに相談してみると良いでしょう。

痛みや恐怖心を感じる

皮膚を切開するフェイスリフトの施術では、やはりどうしても恐怖心が出てしまいます。全く平気な人も中にはいますが、自分の体に傷をつけることになるので、抵抗がぬぐえないという人が多いでしょう。

施術時には基本的に麻酔を行いますが、それでも局所麻酔なので、手術をされているという感覚は残ります。違和感やストレスを感じることもあるので、その点は覚悟しておかなければなりません。

神経損傷や感染症のリスクがある

フェイスリフトの施術では、ごくまれではありますが、感染症や神経の損傷が起こる場合があります。メスを入れた際に周りの神経を傷つけることで後遺症が残ってしまう可能性もゼロではないので、施術を受ける際にはよく考えましょう。

こればかりは医師の腕によるところもあるので、クリニックの評判などを調べて技術力などを確認しておくことも大切です。

ダウンタイムがある

外科手術であるフェイスリフトでは、ダウンタイムが発生する場合があります。例えば、皮膚にメスを入れて切開をするので、血管を傷つけて内出血を起こしてしまう場合があるのです。また、皮膚を切開したり縫合する際の刺激によって肌が炎症を起こし、腫れが起こる可能性もあります。

ただ、腫れのダウンタイムは2〜3日、内出血もだいたい1〜2週間くらいで治るので、さほど心配する必要はありません。

費用が高額である

肌のたるみやしわのための施術はたくさんありますが、フェイスリフトはヒアルロン酸注入などの施術と比較すると、比較的高額です。切開しない施術は高くて10万円程度なのに対し、フェイスリフトは50万円以上かかる場合があります。

手術の際の技術料や人件費などもあるのでしょうが、高額な施術になるので、よく考えてから行う必要があります。

フェイスリフトはどこで受けられるの?

チェルエイジング フェイスリフト 整形

フェイスリフトの施術を受けようと考えている人もいるでしょうが、どこで受ければいいのかわからずに悩んでしまうこともあるものです。そこでここからは、フェイスリフトの施術を行っているクリニックを紹介します。

東京美容外科

東京美容外科のフェイスリフトは、皮膚だけでなくSMASという筋膜部分まで一緒に動かして施術を行うので、いろいろな方向に効率的に引っ張り上げ、リフトアップすることができます。切開した部分は丁寧に縫合するので、術後の腫れも1〜2週間ほどで次第に引いていきます。

耳の前の輪郭部分とこめかみ付近の頭髪内を切開するので、基本的に手術跡も目立ちにくいのがポイントです。

聖心美容外科

聖心美容外科でも、SMAS切開法を採用しています。また、皮膚の厚さやたるみ具合、縫合の方法や縫う位置なども患者に合わせて微調整してくれるので、自分にあった施術を行ってもらうことができます。

ヒアルロン酸注入プレミアムPRP皮膚再生療法なども併用することができるので、より効果的な施術を求めるなら検討してみるといいでしょう。

【まとめ】リフトアップは整形?どんな治療法があるの?

今回は、リフトアップの治療法について紹介してきました。フェイスリフトなどのリフトアップは整形手術ではありますが、傷口なども目立たずに短時間で終了するのがメリットです。ヒアルロン酸注入などの施術とあわせておこなうことで、より効果的にたるみやしわのケアをすることができます。最後に今回紹介した内容ポイントをまとめておくので、チェックしてみてください。

・リフトアップは美容整形術
・フェイスリフトは肌を一部切除して引き上げて行う
・フェイスリフトには傷跡が残るなどのデメリットもある

フェイスリフトは金額が高くダウンタイムがあるなどのデメリットはあるものの、肌を引き上げるのに効果的な施術方法です。気になるなら一度クリニックを訪れて、話を聞いてみてはいかがでしょうか?

人気の記事ランキング

RANKING

人気記事は見つかりませんでした。